facebook twitter instagram Line

スポット

高梁市吹屋伝統的建造物群保存地区

日本遺産/町並み
吹屋は岡山県中西部の吉備高原上に位置し、千枚・中町・下町・下谷の4地区から構成されています。銅と弁柄の生産に加え、現在の広島県庄原市である備後東城と現在の岡山県高梁市成羽町成羽を結ぶ旧吹屋往来の中継地点でもあったため、宿屋や各種の問屋が立ち並び、大いに繁盛していました。
「赤い町並み」は、個々の屋敷が個別に豪華な家を建てたのではなく、町全体を統一するという当時としては先進的な考え方で建てられました。近年は町並みを生かし、豊かな自然や歴史・文化を融合した様々なイベントも開催されています。
住所
岡山県高梁市成羽町吹屋838-2
カテゴリ
日本遺産/町並み
クッキーの同意がないため表示できません
クッキーの設定をリセット
TOP