facebook twitter instagram Line

スポット

旧片山家住宅

日本遺産/建造物
伝統的建造物群保存地区内の旧吹屋往来に面しており、この地区を代表する建造物でもあります。通りに面した外観は一階部分に腰高格子や出格子を配置し、二階部分は海鼠壁で仕上げられています。内部は、一階が店舗や接客の場として使用され、二階は寝室や物置として使用されていました。多くの人の目に触れる接客の場である座敷には、銘木がふんだんに用いられ、趣のある電灯や優れた意匠の欄間などがみられます。
江戸時代から明治時代にかけての住宅の増改築については、家相図や棟札からその詳細が明らかになっています。現在は住居の造りを見学できるとともに、弁柄蔵や道具蔵などでは多くの資料が展示されています。
住所
岡山県高梁市成羽町吹屋367
Url
高梁市吹屋観光協会(公式ホームページ)①観光施設
カテゴリ
日本遺産/建造物
Tel
0866-29-2111
営業時間
4月~11月 10:00~17:00、12月~3月 10:00~16:00
定休日
毎日開館
料金
入館料:500円(郷土館と2館共通)
クッキーの同意がないため表示できません
クッキーの設定をリセット
TOP